国士舘、初戦は明石商 第5日の第1試合 選手ら気持ち新た /東京

<第91回センバツ>  第91回選抜高校野球大会(日本高野連、毎日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が15日にあり、国士舘(世田谷区若林4、福田三郎校長)は大会第5日の第1試合(27日午前9時開始予定)で明石商(兵庫)と対戦することが決まった。
一方、松室主将を除く選手たちは、多摩市内で明大中野との練習試合に臨みながら、大阪からの連絡を待った。初戦の相手が明石商に決まると、副部長の黒川麟太朗内野手(同)も「やるしかないという気持ち。」
自分の打撃で得点につなげたいと意気込みを語った。選手たちはこの日、午前と午後に各1試合をこなした。9日から4泊5日で行った沖縄遠征の疲れも見せず、打撃陣は快音を響かせて順調な仕上がりぶり。
甲子園で先発が予想されるエース・白須仁久投手(同)は1試合目に登板し、137球を投げ抜いて完投した。白須投手は「体力は問題なかった。あとは変化球のコントロールを調整したい」と手応えを語った。
23日の大会開幕に向け、ナインは19日に新幹線で出発する。20日には甲子園での練習が予定されている。【川村咲平】……………………………………………………………………………………………………… ◆対戦校紹介 ◇明石商 16年春に8強 1953年に開校した兵庫県明石市唯一の市立高校。
野球部は開校と同時に創部された。甲子園出場は2季連続で、春は8強入りした2016年以来、3年ぶり2回目。1年の速球派右腕・中森俊介投手と、2年の技巧派右腕・宮口大輝投手の「二枚看板」は安定感抜群で、守備も堅い。
打線は切れ目がなく、バントを多用する手堅い攻撃で確実に得点する。主な卒業生に、ドラフト1位指名で西武に今季入団した松本航投手(日体大)ら。〔都内版〕。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。