河合、広島レグナルト2K、驚異の奪三振率で「ミスターK」襲名だ

◇オープン戦 広島3-5オリックス(2019年3月16日 マツダ)  「ミスターK」襲名だ。
これで対外試合は打者16人に対して10奪三振、奪三振率は18・00と破格の数字を残す。しかも、対外試合全5試合でいまだ無失点と、来日してから失点知らず。
「Mr.ゼロ」まで襲名しようとしている。現在、外国人の投手3枠はジョンソンが確定し、フランスアも決定的。残る1枠はヘルウェグ、ローレンスと競争。
この日、ヘルウェグは3安打1失点と精細を欠いただけに、メジャー登板なしの左腕がまた一歩開幕1軍に近づいた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。