夢舞台に向け弾み 富岡西、練習試合で快勝 /徳島

<センバツ2019>  第91回選抜高校野球大会の開幕を控え、富岡西は16日、JAアグリあなんスタジアム(阿南市)で脇町と練習試合を行った。
坂本賢哉主将(2年)は「1試合目の反省を生かして2試合目は積極的に仕掛けて攻撃できた」と振り返った。また、初戦の対戦相手の東邦(愛知)について、坂本主将は「相手の胸を借りるつもりで挑む」と話し、前川広樹選手(2年)は「1試合目の反省を生かして2試合目は積極的に仕掛けて攻撃できた」と振り返った。
持ち味の守備で良いリズムを作り、攻撃につなげたいと意気込んだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。