巨人・原監督 イチローに感心「衰えていない」3被弾には「教訓になったゲーム」

「プレシーズンゲーム、巨人4-6マリナーズ」(17日、東京ドーム)  巨人の原辰徳監督が、イチローの変わらぬ姿に感心しきりだった。
しかし、試合は3被弾を浴び逆転負け。シーズンも間近に控え指揮官は「かなり、ホームランで点を取られたということで。メジャーリーグのパワーというものを感じたと同時に、我軍の投手陣も少し考えなければいけなおい。」
教訓になったゲームだと思いますねと、残された調整期間は少ないだけに手綱を締めた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。