DeNAのドラ1上茶谷が価値ある6回91球も反省しきり「決め球が引っかかったり、抜けたりしてしまった」

● 横浜DeNAベイスターズ 1-4 福岡ソフトバンクホークス ○ ◆ 期待のルーキーがハマスタ初お目見え  ベイスターズ期待のドラフト1位ルーキー、上茶谷大河がハマスタでベールを脱いだ。
3失点を喫した。それでも気落ちすることなく4回を投げ切ると、5回は先頭の福田秀平に、この試合はじめての四球を与えてしまう。そこから得点圏に送られ、牧原大成の適時打で4点目を失った。
しかし、6回を投げ切って91球、被安打6、与四球1、奪三振4という、まずまずの内容でマウンドを後にした。◆垣間見えた完成度の高さと課題 終始テンポのいい、小気味よいピッチングで、ベースカバーに牽制、フィールディングもしっかりしていた。軸となっていたボールは130キロ台後半のカットボール。
空振りもファールもとれるキレのいいボールだった。ストレートは140キロ台後半の力のあるボールで、アウトローに決まる時は圧巻だが、シュート回転して抜ける場面も見受けられた。チェンジアップは良く抜けていて、打者のタイミングを上手く外せていたし、その他にもカーブとスプリットを持っており、コントロールで苦しむタイプではなさそう。
基本的には低めに制球できており、“器用なピッチャー”という印象を受けた。ゲーム後、上茶谷は「追い込んでからの決め球が引っかかったり、抜けたりしてしまった」と反省。これについてはラミレス監督も、「2ストライク後の決め球がストライクゾーンに残ると、ソフトバンク打線は逃さないと、同じ点を課題に挙げていた。
それでもラミレス監督は、「スピードも安定していて、球種の使い方もいい。テンポもクイックもベリーグッド!トータル的には悪くないと好評価。これで今永、濱口、東に続き、ドラ1ルーキーの開幕ローテーション入りがほぼ確定した。」
チームにとっても待望だった“右の先発”が、ベイスターズ投手陣の新たな希望となるのか楽しみだ。取材・文=萩原孝弘(はぎわら・たかひろ) 。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。