大谷翔平打撃面ステップアップ「準備オーケー」監督

エンゼルス大谷翔平投手(24)が17日(日本時間18日)、打撃面でステップアップした。
次のステップは屋外での打撃練習となる。同監督は「室内ではネットがあって制限される。逆にフィールドで打つ時はフェンスやラインを越えようと、スイングする意識に違いが出てくる。」
外で打つのは、より大きなステップになると思うと話した。次の段階に進むまでには、今まで以上に時間がかかるかという問いに同監督は「医療スタッフの判断による。」
早く進めば、早くなるかもしれないと話すにとどめた。大谷はこの日、右肘の手術後5度目のキャッチボールも行い、50フィート(約15メートル)の距離で30球、クールダウンも含めて、合計76球の投球練習で調整した。球数は前回から19球増えており、投手としても順調にリハビリを進めた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。