【巨人】田中俊、サイ・ヤング賞から2点二塁打「タイミングが合いました」

◆プレシーズンゲーム 巨人5―6マリナーズ(18日・東京ドーム)  一振りで仕留めた。
メジャー通算168勝を挙げ、サイ・ヤング賞の経験もある「キング」の愛称を持つマリナーズ先発・ヘルナンデスから一時逆転となる2点二塁打を放った。「いい投手なので、向かっていく気持ちでいった。振りにいく中でタイミングが合いましたと振り返った。
巧打を武器に、三塁は中島、ビヤヌエバはオープン戦打率1割6分7厘と苦しんでいたことに加え、首の寝違いでマリナーズ2連戦を欠場し、20日の日本ハム戦、21日の西武戦にも帯同せずG球場で調整することが決まった。
そうした状況で今季初の三塁起用に応えた俊太について、原監督も「今日の収穫は田中俊太をサードで起用したこと。彼の打撃は非常にインパクトのある1打席になったと思います」と評価した。さらに、俊太がスタメンで出ることで、右偏重だった下位打線に左打者を加えられるメリットもある。
6回には二盗も決め、2度の守備機会も無難にこなした。開幕まで残り10日という状況でスタメン候補に急浮上し、俊太も「準備をした中で少しずつチャンスをつかみたい」。指揮官も「彼がラインアップに入ると走力が上がる。
守備力も上がるという点においては座り、景色という部分でも非常にいいなと映りましたとうなずいた。夢のような時間も力に変えた。前日(17日)の試合前には一塁ベンチでイチローの打撃練習を食い入るように見つめた。
「練習から憧れの目線で見ていた。同じグラウンドでプレーできたことはいい経験になりました」。貴重な2日間を経て、俊太が開幕スタメンへのアピールを加速させる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。