【日本ハム】ドラ1吉田輝星…プロ仕様の硬いマウンドへの適応を課題に「練習していかないと」

日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)=金足農=が20日、今後の課題としてプロ仕様の硬いマウンドへの適応を掲げた。
2回1失点となった投球内容は試合後にビデオ映像などで確認。「コントロール悪くて、手でストライクを取ろうとしたり、ストライクが入らなくてフォームが小さくなってしまったと反省点を確認した。一方で「いいボールがいっている時もバッターの反応を見たらあった。」
思ったよりも悪い球が続いているわけではないと手応えもつかんだ様子だった。この日は、千葉・鎌ケ谷の2軍施設でキャッチボールなどを行って汗を流した。
中継ぎで2イニングを予定している。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。