打線爆発の阪神 糸井、福留でダメ押し点 ベテラン勢も奮起

「オープン戦、ヤクルト-阪神」(20日、神宮球場)  初回に一挙5点を奪うなど打線が爆発した阪神だが、ベテランも負けてはいない。
2死走者なしから、3番・糸井が右中間を破る二塁打を放ち、まずは一振りでチャンスメークした。続く大山は冷静にボールを見極め、四球を選び出塁。ここで2死一、二塁となって、5番・福留に打席が回る。
するとカウント2-2からの6球目だった。外角のスライダーを狙った。打球は一、二塁間を抜け、右前へ。
この当たりで、二走・糸井も快足を飛ばし、一気にホームへと滑り込んだ。クリーンアップがつないで奪ったさらなる追加点。オープン戦残り4試合を前に、ベテランも調子を上げてきている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。