阪神ドラ1近本、刺しつ刺されつ収穫一杯 開幕前のハマスタを“テイスティング”

「オープン戦、DeNA8-4阪神」(19日、横浜スタジアム)  泥まみれになったユニホーム姿で潔くベンチへと戻った。
DeNA・バリオスの1度目のけん制は悠々とセーフ。少しずつ距離を伸ばし、続けざまにきたけん制にも問題なく塁に戻った。「球場が違っても取り組んできたことをしっかり出せるようにしたい。」
「ここまでいったらアウト、大丈夫だというのを勉強していっています」。そしてさらに少しリードを広げた3度目は、逆を突かれてアウトに。開幕まで最初で最後となる同球場。
本番で成功させるために徹底リサーチした。キャンプから取り組む成果を徐々に発揮している。「ランナー二塁の時に本塁で刺せなかったので。」
「次は何とかできればと思って」。四回1死二塁では中前への打球で本塁生還を許した。だが六回無死一塁の場面では一走・山本の三進を“レーザービーム”で阻止した。
筒井外野守備走塁コーチは「取り組んできたことができているし、チャージもしっかりできていた」と成長を認めた。開幕まで残り10日を切った。ルーキーイヤーのスタートに向けて近本は日に日に絶えず進歩している。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。