阪神木浪「あとの…」大爆発の火付け役も3三振反省

初回にチーム5安打5得点と大爆発の火付け役となったが、2回に四球をもぎ取った後は3連続三振。いずれも先頭で迎えた打席でチャンスを作れなかった。木浪は「1打席目は良かったんですけど、四球の後の3打席は反省です」と悔しさをにじませた。
求められるレベルは高い。矢野監督は「ライバルだっているわけやから。トリ(鳥谷)だって、あそこでいいヒットを打っている。」
北條だって内容のある打撃守備をしている。それは1日1本ではレギュラーになりにくいところと、ゲキを飛ばす。開幕1番ショートを確定させるためにも、もっともっと打ちまくる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。