’19センバツ盛岡大付 選手紹介/2 /岩手

<第91回選抜高校野球>  ◇信頼厚い4番打者 小野寺颯斗(はやと)三塁手(2年)  苦しい試合でも強打で局面を打開し、チームからの信頼が厚い4番打者。
◇球際に強い守備 峰圭哉遊撃手(2年) 「打ち勝つ野球の口火を切る1番打者。守備では球際に強い守備 峰圭哉遊撃手(2年) 「打ち勝つ野球の口火を切る1番打者。」
俊足がそろう甲子園でも確実にアウトを取るため、三遊間のゴロでも素早く送球できるよう、ベンチプレスなどで筋力アップを図ってきた。「どの選手にも負けない守備を見せたい ◇チーム屈指の長打力を誇る。昨秋の公式戦は打率4割6分2厘、チームトップタイの12打点をマーク。」
この冬は納豆や卵などたんぱく質を意識してとり、肉体強化を図った。学校の授業でも集中力を発揮し、学業成績は野球部クラスのトップレベル。野球でも追い込む日を決めるなどメリハリを大切にする。
「どんな相手でも「打ち勝つ野球」をしたい ◇パワーと俊足でもある。
座右の銘は「笑って生きろ」。厳しい環境でも笑顔を忘れないよう心がける。「甲子園で本塁打を打つ」と闘志を燃やす。
=つづく。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。