イチロー「知ってた」途中交代、今日こそ証しの1本

<アスレチックス7-9マリナーズ>◇20日◇東京ドーム マリナーズのイチロー外野手(45)が、4万5787人から大きな拍手を浴びた。
誰もが待ち望む1本が欲しい。  ◇   ◇   ◇東京ドームがざわついた。4回裏、いったん右翼の守備位置に就きかけたイチローがベンチへ戻ってくる。
その前でナインとハグを繰り返し、ベンチへ下がった。見納めか。そんな悲しい“予測”が渦巻いた。
だが試合後に淡々と話した。イチロー いやいや知ってましたよ。2打席って。
それ(ハグ)は分からなかった。でも、あれ日本のファンの人はね。どうなんだろう。
アメリカではよくやるけどちょっと戸惑っただろうね。試合前から「今日は2打席」と伝えられていた模様。予定通りの交代だ。
しかし4回の守りで出ていかなければファンは寂しい。マ軍サービス監督がファンのためにサービスし、声援を送れるシーンを演出した。2年連続14度目のメジャー開幕戦は45歳の大ベテランにとって、これまでと違う試合になった。
昨年5月2日、シアトルでのアスレチックス戦を最後に会長付特別補佐に就任。現役続行は示していたものの試合出場はなかった。今は違う。
ユニホームを着て真剣勝負に戻ってきた。しかも日本で。イチロー まあ、特別な開幕です。
見ているファンの人たちもちょっと違う雰囲気が全体にありましたが、今日は全くなかったです。生けるレジェンドを前に息をのむ観衆に結果は示せなかった。
2点を追う3回無死一塁に巡ってきた最初の打席。ア軍ファイアーズの2球目、144キロストレートにバットを出したが二飛に終わった。4回の2打席目は2番手ヘンドリックスからファウルを4球打つなど粘った結果、四球を選んだ。
自打球を右足に当てる場面もあったがスイングを続けた。その四球については「いいんじゃない」と振り返った。約1年、真剣勝負から遠ざかったブランクはある。
昨年12月、イチローに少しだけ聞いた。試合に出られなければ面白くないのでは? 答えはシンプルだった。「それはそうですよ。」
面白くはない現役大リーガーであることに生活の全てをささげている男。「ありったけの自分を野球に注ぎ込んでいる」。その言葉は本物だ。
サービス監督は今日21日の出場も口にした。米国に戻ってからのことは明言しなかったが、未来は先の話。もちろん過去も関係ない。
まずは1本、打つこと。それがイチローがイチローであることの証しだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。