ベイ、新人大貫ローテ見えた!?粘りの5回無失点 3月20日・広島戦

◆横浜DeNA1-0広島  リーグ3連覇の赤ヘル打線に顔色一つ変えず、淡々と投げ込んだ。
友人も応援に駆け付け、「球場に来る前からすごく緊張していたという。ただ、その言葉が似合わないほどの大人の投球で首脳陣をうならせた。毎回走者を背負う展開にも「意図した通りに投げられた」と、得意のツーシームやスプリットを低めに集めて凡打に封じた。
最大のピンチは四回。2つの四球を与えて2死一、二塁を招いた。「単純にスタミナ不足と制球に苦しむ右腕に、嶺井は「大貫も結果が必要なので」と8番会沢を歩かせるよう指示し、9番の投手床田で勝負。
シーズンさながらの女房役のリードもさえ渡り、ルーキーを好結果に導いた。三浦投手コーチは「走者を出してから粘った。仕上げ段階に入ったカープ打線の主力にあれだけの投球ができれば十分」と絶賛。
同1位の上茶谷(東洋大)とともに新人2人のローテーション入りがほぼ確実となった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。