イチロー「後悔などあろうはずもありません」一問一答1

マリナーズのイチロー外野手(45)が21日、開幕2戦目のアスレチックス戦(東京ドーム)後に東京都内のホテルで記者会見し、引退を表明した。
冒頭のあいさつで約250人の報道陣を見渡し) こんなにいるの? びっくりするわ…そうですか。いや、この遅い時間にお集まりいただいて、ありがとうございます。今日のゲームを最後に、日本で9年、アメリカで19年目に突入したことだったんですけども、現役生活に終止符を打ち、引退することとなりました。
最後にこのユニホームを着て、この日を迎えられたこと、大変、幸せに感じています。この28年を振り返るのは難しい部分もあって。ここでは、これまで応援していただいた方々への感謝の思い、そして、球団関係者、チームメートに感謝を申し上げて。
皆さまからの質問があれば、できる限りお答えしたいと思っています。-引退を決断したタイミングと、理由は タイミングはですね、キャンプ終盤ですね。日本に戻ってくる…何日前ですかねえ。
もともと日本で、東京ドームでプレーするところまでが、契約上の予定だったこともあったんですけども。キャンプ終盤でも結果が出せずに、それを覆すことができなかったということですね。-その決断に後悔や、思い残しはないか いや今日の、あの球場での出来事(試合終了後、ベンチ裏に引き揚げた後も場内から「イチロー」コール)…あんなものを見せられたら、後悔などもあろうはずがありません。
もちろん、もっとできたことがあると思いますけど。結果を残すために、自分なりに重ねてきたこと…人よりも頑張ったということはとても言えないですけども。自分なりにやってきたということは、ハッキリと言えるので。
これを重ねてきて…重ねることでしか、後悔を生まないということはできないんではないかな、と思います。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。