イチロー引退 日本球界からねぎらいの言葉

イチローの現役引退を受けて、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で「侍ジャパン」として共に戦った選手やオリックス時代の同僚など日本球界から驚きやねぎらいの声が相次いだ。
野球に取り組む)姿勢に多くの人々、野球人が学んできた。
同じ時代で野球ができたことに感謝するとともに、やはり寂しく思うとコメントした。WBCで打線を組んだソフトバンクの内川聖一内野手は「打撃議論を交わしたこともあった」といい、「わざと詰まらせることもあるんですかと聞いたら、「あるよ。調子がいいとどこに打球がいくかだいたい分かると話していましたと明かした。
宮本慎也・ヤクルトヘッドコーチも、そのすごみはウオーミングアップを最初から全力でやるところにあるとし、「あれだけ真摯(しんし)に野球のことだけ考えて28年間やった選手はいないとたたえた。大リーグを経験した阪神の福留孝介外野手は「一つの練習であろうと、そこに入るまでの準備、意識の違いを勉強させてもらった。一生懸命追い付こうとやってきたけれど、雲の上の存在は変わらなかった」と語り、藤川球児投手は「その言葉一つで自分の中で感性が磨かれた。
教科書に載るような、それじゃ済まないすごい人と評した。オリックス時代の先輩だった佐藤義則・楽天テクニカルコーチは「阪神大震災の年、「がんばろう神戸」の中で一緒に優勝できたし、自分がノーヒット・ノーランをした時も守ってくれていた。努力であそこまでの選手になって、メジャーでも活躍して本当に素晴らしい。
ご苦労様でしたと懐かしんだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。