【センバツ】星稜・奥川恭伸、毎回の17Kで3安打完封 最速151キロ出た!

◆第91回センバツ高校野球大会第1日 1回戦 星稜3―0履正社(23日・甲子園)  星稜(石川)のプロ注目右腕・奥川恭伸(3年)が快投をみせた。
見逃し三振に仕留めると、奪三振にした。
1963年にPL学園学園・戸田善紀が首里戦でマークした21奪三振に終わったが、終盤にギアを一段上げた。2回に右前安打を許した野口海音(3年)に8回にも野口に二塁内野安打され、2死一、二塁のピンチを招いたが代打・田上奏大(2年)を高めの146キロ直球で空振り三振。その瞬間、クールに振る舞っていた右腕が右手でガッツポーズを作り飛び上がった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。