【センバツ】習志野の大応援団が「美爆音」でナインの初回猛攻を後押し

◆第91回センバツ高校野球大会第2日1回戦 習志野8―2日章学園(24日・甲子園)  「美爆音」で全国的な人気を誇る習志野の応援団が、三塁側アルプスからおなじみ「レッツゴー習志野」などの名曲を奏で、10年ぶりのセンバツ白星を後押しした。
嵐の「A・RA・SHI」などの演奏で大観衆を魅了したが、吹奏楽部の酒井悠歌(はるか)部長(3年)は「私たちは演奏を楽しんでいただくというよりは、選手の皆さん一人ひとりに力を与えるためにやっています」ときっぱり。「演奏はまだまだ8割です。次の試合で100%、120%出せるようにしっかり練習していきたいと2回戦に向けて気を引き締めていた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。