【西武】新人王候補のドラ1松本、開幕直前に肺炎リタイア

西武は24日、ドラフト1位の松本航投手(22)=日体大=が前日23日に所沢市内の病院で検査を受け、軽い肺炎と診断されたと発表した。
昨季11勝を挙げた榎田も故障で離脱している。新戦力で期待されていた内海も負傷で2軍調整中。ここに来て、開幕カードに先発予定だった新人王有力候補の松本も開幕ローテーション入りが絶望的となり、開幕直前になって先発不足が深刻化してしまった。
現時点で先発ローテーションは多和田、今井、ニール、高橋光が有力だが、6枚の確定には至っていない。この日のDeNA戦(メットライフ)には、リリーフが本職の武隈が先発する予定。西武は昨季、圧倒的な攻撃力で10年ぶりにパ・リーグを制したが、チーム防御率4・24はリーグワーストだった。
ローテーションの一角として計算していたルーキー右腕にも見通しが立たなくなり、昨季以上に投手力に頭を悩ませることになりそうだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。