巨人吉川尚輝がマルチ 丸参考タイミング取り方改良

<オープン戦:巨人5-8ロッテ>◇23日◇東京ドーム 指揮官から開幕1番を明言された巨人吉川尚輝内野手が、期待に応えた。
(オープン戦)あと1試合しっかり集中して、結果を残せるように頑張りたいですと引き締めた。原辰徳監督は、歴代の名二塁手に匹敵する素材の高さを高く評価している。前夜、都内のホテルで行われた激励会で「1番は吉川尚輝」と公表。
この日の試合前練習では「リーディングヒッターを狙おうじゃないか」と声を掛けられた。「そこを目指せるように頑張りたいですと高みを目指すことを誓った。試行錯誤を経て、新打法が完成した。
右足を上げた時に、丸を参考にバットをヒッチ(グリップを上下)させる動きを導入。タイミングの取り方を変えた。指揮官が思い描くのは吉川尚が出塁し、2番坂本勇、3番丸、4番岡本で決めるパターン。
「3番打者が2人いる。勇人が先陣を切って、丸がその後ろに控える」と一気に畳み掛け、勝利を引き寄せる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。