昨夏スイッチ転向のオリックス佐野、左打席で球児撃ち!田口コーチ「まだまだこんなものでは…」

◇オープン戦 オリックス4-8阪神(2019年3月24日 京セラD)  昨年まで同僚だった西に6回無失点と抑えられたオリックスだが、9回に意地を見せた。
昨年から野手に転向し、昨夏からスイッチヒッターになったばかりだが、この日は初めて半年ばかりの左打席で藤川の146キロ直球をとらえた。「良い投手から強い打球を打てたのはうれしいです。練習していることが間違いではないことが分かったのでと笑顔を見せた。」
今オープン戦では12球団で2番目となる7盗塁をマーク。チームでは代走のスペシャリストとして開幕1軍が内定しているが、「いつかはレギュラーを獲りたいとの目標がある。そのため「代走で出て、その後の1打席を大事にしたい」と自らに課しており、この日のような途中出場からの1打席目で、藤川から安打を放ったのは大きい。
田口壮野手総合兼打撃コーチは「佐野はすごく成長しているが、持っているものからしたら、まだまだこんなものではない」とハッパを掛け、さらなる成長を促した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。