元ロッテ、ヤクルトの「満塁男」大松尚逸が独立リーグ福井に入団 28日に会見

独立リーグBCリーグの福井ミラクルエレファンツは25日、NPBのロッテとヤクルトでプレーした大松尚逸内野手の入団が決定したと発表した。
2016年5月にアキレス腱を断裂する大怪我を負い、同年末に自由契約に。翌年、ヤクルトに入団。昨季限りで戦力外となった。
2008年には1シーズンで3本の満塁本塁打をマーク。満塁に強いことからファンに「満塁弾」と呼ばれるなど人気を誇った。大松は同じ北陸の石川出身。
福井の監督はロッテ時代の先輩にあたる田中雅彦氏が務めている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。